交通事故で障害が残ってしまった、という話は珍しい話ではなくなりました。
しかし、その障害の認定に関して全て納得している、ということはなかなか聞くことができません。

交通事故が起きたときに行われる後遺障害の申請は加害者側の保険会社を通じて申請する事前認定、被害者側が申請する被害者請求という二つの方法があります。
申請する際に必要なのが医師による後遺障害の診断書や医療にかかわる画像データなどです。
書類審査をしてその申請内容が認定されます。
しかし、その内容によっては当初の診断では見えなかった症状が出てきたり、症状が改善されなかったりということがあります。
そうした時に必要となるのが、異議申立による認定結果の変更です。

こうした時に、被害者で、障害を負った本人が、もう一度、診断書を取り寄せ、その内容を精査し、もう一度、必要な検査が行われているかといったことを手続きとして行うのは非常に大変なことでもあります。
そういったことを代理人として、専門の弁護士が申請から保険会社との示談交渉まで行ってくれるのが「後遺障害サポートドットコム」です。
専用の無料診断の申込から自分の後遺障害にいついての認定が正しく行われているかを相談してみてください。