債務整理の中でも、もっともよく利用される手段が任意整理です。
これは複数の債権者のうち一部の者のみを対象にでき、弁護士が間に入って返済方法に関する和解を取り付けるものです。
たとえば、現在、元利金含めて400万円の借金で苦しんでいる方が、債権者との話し合いにより、300万円に減額してもらえたとしましょう。
そして、この金額を5年間で返済するならば和解に応じるとされたとします。
そこで、5年で返済するための返済計画を債権者に提示します。
1年あたりにすると60万円です。
単純に12か月で割れば、毎月5万円ずつの返済になります。
それではちょっと厳しいかもと債務者が言うので、毎月4万円ずつ、賞与のある年に2回は6万円ずつプラスして10万円を返済するという計画を提示しました。
さて、債権者は受け入れてくれるでしょうか?これはケースバイケースです。
これでOKと和解してくれる場合もありますが、債権者によっては支給されるかどうかや金額も不安定な賞与による返済は認めないという可能性もあります。
債務整理の一本化とボーナス(賞与)払いについて - Q&A岡田法律事務所