大人が歯を失ってしまう原因の、大半を占めるものが歯周病といわれています。
歯周病は、歯肉炎・歯槽膿漏の総称で、歯と歯茎の隙間などに残った歯垢から発生した細菌によって引き起こされます。
歯茎が炎症を起こすと出血したり、歯茎がやせてきた…というサインがあらわれるのが歯肉炎です。
歯肉炎が進行してしまうと歯槽膿漏と呼ばれ、歯茎だけでなく歯を支えている骨(歯槽骨)までも溶かしてしまうため早急に歯科医院での治療が必要となります。

こうなってしまう前に心掛けるべきことがいくつかあります。
①食生活を見直す
歯垢として残りやすいたんぱく質や糖質を控えめにし、野菜や果物を摂取するよう心掛けましょう。
栄養のある食事をすることで抵抗力も高くなり、歯だけでなく全身の健康につながります。
②歯の磨き方を変えてみる
しっかり磨いているつもりでも、意外と磨けていないところは多いものです。
歯医者さんでブラッシング指導をしてもらうことをおすすめします。
また、歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスも併せて使うと効果的です。
③ストレスを解消する
精神的なストレスはもちろん、睡眠不足や喫煙は体にとってのストレスとなり、免疫力の低下を招きます。
タバコは控えめに(難しいことではありますが…)、適度な運動を心掛け、夜はぐっすり眠りたいものです。
④歯の定期健診を受ける
痛みや異常がない場合でも、メンテナンスという感覚で健診を受けてみましょう。
歯科サプリというページでは、最寄りの歯科をすぐに探すことができるほか、実際に通院された方の口コミを参考にすることができます。
健康な歯で、いつまでもおいしいものを食べたいですね。

詳しくはこちら