インプラント治療をする際に重要なのは骨です。
骨は場所によっては少ないことが多々あります。
それでも岐阜のただこし歯科クリニックは、柔軟に対応してくれることで有名です。
使うのはソケットリフトという手法になります。
骨が足りない部分に、骨になる物質を入れることにより、出来てしまった上顎洞を押し上げるのです。
またGBR法こと骨再生誘導法では、その名の通り骨を再生させることが出来ます。
やり方としては、骨が出きるのを助ける材料を移植して、それを膜で覆うのです。
すると数ヵ月後には骨が出来上がります。
幅だけが足りない骨の場合は、リッジエキスパンジョンという方法を使い拡大することも可能です。
他にもいろいろと工夫がされています。
例えばですが、悪い歯があれば抜きますよね。
そして粘膜や骨が治る4ヶ月後にまた治療を再開するのが通常ですが、そうなるともう1度麻酔をしなければなりません。
体にも負担がかかるでしょう。
しかしただこし歯科クリニックでは、抜歯してすぐにインプラントを埋め込みます。
これは経験と実績を持った医師だからこそ、出きる治療法ではないでしょうか。
抜歯の穴を使うので、骨を削らなくてもいいので、痛みや腫れも少なくなりますよ。