今は若いので卵子凍結なんて考えていないという方もおられます。
しかし、将来自分が病気になる可能性もありますし高齢出産の可能性もあります。
妊娠しにくいということや高齢になると体への負担があり妊娠自体を躊躇してしまう方が多くおられます。
でも結婚した相手との子供は女性であれば欲しいと思うものです。
そのために、若いうちからいつでも妊娠できるように卵子凍結をしておくことで、高齢出産に備えることもできますし、治療などの負担も軽減することができます。
染色体異常の発生率を下げることで将来の子供の健康についても生まれる前からケアしてあげられますし、今は自分に病気があるので病気を知ってから妊娠を考えたという方は行っておくと良い方法です。
卵子凍結には年齢制限で40歳未満と決まっています。
それは卵子の状態や妊娠の確率を上げるためなどの理由があります。
40歳までは仕事をバリバリこなしたいという女性は、若いうちに行動しておくことで妊娠の時期を自分のライフスタイルに合わせることができます。
絶対にしなければいけないというものではありませんが、自分の将来を考えた時に不安を少しでも軽減できるのであれば行動しておいて損はありません。